PROFILE

左から ドラム疋田武史 ベース下上貴弘 ボーカル稲村太佑 ギター田原和憲

自称「ロック界の奇行師

現在までにアルバム8枚、ミニアルバム3枚、ep1枚、シングル3枚、ライブDVD6枚、MV集1枚
他、アルバム「ボーナストラック大全集」をリリース。 (2017年3月15日現在)

ギターロックやオルタナティヴロックなどの音楽性を基調としながら
一筋縄でいかない自由奔放さで唯一無二の世界を築き上げている
※ちなみにこの文章はART HOUSE店長西本氏が昔に書いたアルカラの紹介文をそのまま変わらず使っている


- member -

  1. 1.名前
  2. 2.生年月日
  3. 3.血液型
  4. 4.出身地
  5. 5.尊敬する人
  6. 6.好きな食
  7. 7.苦手な食
  8. 8.趣味
  9. 9.自慢出来る事
  10. 10.チャームポイント
  11. 11.好きな色
  12. 12.好きな言葉
  13. 13.好きなタイプ
  14. 14.好きな場所
  15. 15.明日世界が滅亡するとしたら

- staff -


- history -

2002年7月26日

神戸ART HOUSEにて初LIVE

思い返すとこの日の対バンには高木誠司が当時やっていた”ニコチンヘッド”
太陽と虎、カミングコウベでおなじみに松原氏が当時やっていたバンド
あと”Zhivago”という現在東京で活動しているが年に1回ほどしかLIVEしてないバンドもいた

2003年1月

三浦拓也(現在DEPAPEPE)が脱退
3ピースでやろうと頑張る
すぐに諦める

2003年2月

現メンバーになる。

2009年1月

アメリカはワシントン州シアトルでの公演(3ケ所)を行う
音楽が言葉の壁を超えた瞬間を体験する。

2010年4月

愛し愛され続けた地元神戸を飛び出す
「遅れてきた青春」を取り戻すべく上京する。

2013年6月

愛し愛され続けた地元神戸で「ネコフェス」というLIVEサーキット型フェスを立ち上げる
毎年開催していく予定です。
★ネコフェス2016のサイトはこちらだにゃー

2013年8月

今度は台湾のフェスFORMOZ FESTIVALにも参加
またもや音楽が言葉の壁を越えた瞬間を体験する。

2013年秋

述べ10000人動員のJAPANツアーを行う(全国25ケ所)

2014年 12月

7枚目[CAO]を引っさげツアーを開催(ファイナルは12/7 Zepp Tokyo)

さらにツアー追加公演として「台湾公演」を開催
もはや台湾の方が日本語を理解し過ぎてて、音楽が言葉の壁を超えるどころの騒ぎでない

2015年3月~5月

「ついにやってきてしまいましたTOUR2015」にて
行った事の無い都道府県を中心にツアーを行ったところ
あとライブを行ってない都道府県が「岐阜県」「愛媛県」「山口県」のみとなる(2015年7月現在)

なお岐阜県はcinema staffに呼ばれるまで
愛媛県はひめキュンフルーツ缶に呼ばれるまで(2015年9月30日達成)
処女を貫こうとしている。

2015年11月

11月1日広島クラブクアトロから12月12日新木場STUDIO COASTまで
「ばーばばばぁつあー」と題し各地ワンマンツアー開催

2016年1月 1月~4月までからばーばばばぁつあー「2」「3」「4」と題し各地対バンツアー開催


From left to right: Takeshi Hikita (Drums), Takahiro Shimogami (Bass), Taisuke Inamura (Vocals), Kazunori Tabara (Guitar)

To date, they have released 8 original albums, 3 mini albums, 1 EP, 2 singles, 6 live performance DVDs and 1 MV collection. An album of their bonus tracks is also on sale.

July 26, 2002

Arukara’s first live performance at ART HOUSE in Kobe.

January 2003

original member Takuya Miura (currently with DEPAPEPE) leaves and Arukara operate as a trio for until the current lineup is established in February 2003.

January 2009

Arukara plays at three venues in Seattle. It becomes clear to the band that music is a language that transcends all borders.

April 2010

the band leaves their beloved hometown of Kobe to pursue a “delayed youth” in Tokyo.

June 2013

Arukara launches an annual circuit music festival called NEKOFES in Kobe. Please take a look at the NEKOFES 2015 site here.(In Japanese only)

August 2013

Arukara appear in the FORMOZ FESTIVAL in Taiwan. Once again the band becomes aware of the universal nature of music.

Autumn 2013

they embark on a domestic tour of Japan attracting a total audience of 10,000 across 25 venues.

December 2014

Arukara undertake a tour to promote their seventh album, “CAO.” They finish at Zepp Tokyo on December 7. This tour takes them to cities and prefectures they visit for the first time.

November –

December 2015

they set off on the one-man national “Baa-ba-ba-ba” Tour.

They conduct a national tour from November to December in 2015.

Arukara are known for their original performances and skilled playing, winning the respect of many fellow Japanese rock bands both professional and amateur. The way in
which they network and bring other artists together is rare.
Arukara hope to present their brand of originality to international audiences in the near future.